目立たない・痛くない・外れない超精密入れ歯(義歯)|馬橋歯科医院|加須市騎西の歯医者。久喜市・行田市・鴻巣市

駐車場

0480-73-0158

〒347-0105 埼玉県加須市騎西31-4

  • メール相談
  • web予約
キービジュアル

denture

当院の入れ歯担当医は、高齢者治療を専門に行ってきたこともあり、
これまで多くの入れ歯製作に携わってきました。

都内では月平均、1症例くらいの入れ歯製作が平均的ですが、
毎月その何倍もの入れ歯製作に携わっています。

「痛い、合わない、外れる、目立つ」

悩みは患者さん一人ひとり全く違います。
患者さんの声に耳を傾けて丁寧に作ります。

院長からのメッセージ

院長からのメッセージ

当院は、都心の歯科医院に比べると、義歯の方がとても多いです。また、元々、高齢者専門の歯科治療を行ってきたので、入れ歯に関わることが非常に多くありました。

目の前の問題解決だけでなく、長期的な視点で、患者さんにとって良い入れ歯を製作していくには、どうすれば良いのか本気で悩み、勉強も相当してきました。

経験と積み上げたスキルには自信があります。

患者さんのお口の中の状態をしっかりと精密に把握すること。そして、真剣に患者さんと向き合うこと。これが当院の入れ歯作りに対する姿勢です。

「長く利用でき、健康な歯へのダメージを最小限」にする入れ歯

入れ歯は「歯を壊す装置」と呼ばれることがあります。

これは、入れ歯(部分入れ歯)の構造上、他の健康な歯を支点として入れ歯を安定させるため、支点になった歯は噛むたびに揺さぶられ、最終的には抜歯の運命を辿ることが多くあるためです。

しかし、入れ歯を設計する段階で、力学的に計算して入れ歯を設計することで、支点となる歯へのダメージを最小限に抑えることが可能になります。

具体的には「入れ歯のバネ」と「入れ歯のフレーム」の設計が大切になります。
この2つの設計がうまくいかないと、バネをかけた歯を次から次へと失い、入れ歯(義歯)の再製作を何度も行うことになります。

入れ歯のバネ 入れ歯のフレーム

詳細は非常に専門的になりますので、簡単に「理想的な入れ歯(部分入れ歯)」とはどのようなものかをお伝えすると、可能な限り小さく邪魔にならず、噛む力をバネを通じて分散できるような入れ歯です。

入れ歯を痛くなく噛めるという視点だけではなく、歯を失わずに長期的に同じ入れ歯を使用し続けることを考慮した入れ歯製作が当院の1つの達成目標です。

「噛める」「痛くない」「外れない」入れ歯製作のために

入れ歯をされている方から「痛い」「噛めない」「外れる」という相談をよく受けます。
このお悩みは「1つ1つの工程を省略することなく基本に忠実に入れ歯を作る」ことで解消できます。
当院で行っている制作工程のこだわりを少しご紹介します。

精密な型取り-これが入れ歯作りの命です!!

「型取り」とはその名の通り、お口の型を取ることです。
それをもとに入れ歯を作っていきますので、ここで精密な型取りが出来なかった場合は、どうやっても患者さんのお口に合う入れ歯はできません。

そこで当院では、精密な型取りを行うため、次のような工程を踏んでいます。

シリコン印象材の利用

シリコン印象材の利用

型を取る材料を印象材と言います。主に2種類の印象材が使われていますが、当院ではより精密な型を取ることができるシリコン印象材を利用しています。

個人トレー

個人トレー

患者さんのお口の形は様々ですので、規格の定められたトレーでは精密な印象はとれません。そのため患者さんオリジナルのトレーを1から作成し精密な型を取っていきます。

ティシュコンディショニング

ティシュコンディショニング

食事をするとき、お話をするとき、何もしていないときなどお口の状態はそれぞれのシーンで異なる動きをします。それぞれのシーンで快適に入れ歯を使用していただくためには、歯科医院で何もしていない状態の型取りだけでは足りません。

一般的な入れ歯治療ではこの変化を無いものとして治療を進めていきます。そのためお口の変化を無視した入れ歯が出来上がりますので、当然お口に合う事もありません。そこで当院では、ティシュコンディショニングという工程を実施しています。
簡単にご説明すると、現在使われている入れ歯にティシュコンディショナーという素材を装着させ、一定期間その入れ歯を使用して頂きます。そうしますと、日常のお口の動き、舌の動き、噛み癖などがティシュコンディショナーに反映されます。そこで得られた情報をもとに入れ歯を作成することになりますので、様々なシーンで快適に利用できる入れ歯が出来上がります。

「年齢」による歯茎、咬み合わせの「変化」も考慮した入れ歯作り

お口の状態は年齢を重ねるごとに変化していきますので、それを考慮した入れ歯作りが大切になります。この変化は「歯」だけではありません。「歯肉」や「噛み合わせ」「筋肉の動き」なども含まれます。これらすべての状態を考慮しなければ、患者さんに満足していただく入れ歯は作れません。ここでは当院で行っている「噛み合わせ」に関する取り組みをご紹介します。噛み合わせのバランスがとれていないと「外れる」「痛い」「噛めない」入れ歯の原因となります。

そこで当院では適切な咬合を決めるうえでの指針として下の画像のように、「目のライン」「鼻のライン」「唇のライン」が直線になるよう噛み合わせを調整します。そうすることで、噛み合わせだけでなく、顔のバランスがよくなり、かつ、噛み合わせが原因で生じていたシワ・たるみも改善されます。

「年齢」による歯茎、咬み合わせの「変化」も考慮した入れ歯作り

患者さんのニーズに合わせた複数の入れ歯ラインナップ

今までしっかり噛むことができなかった入れ歯に私たちの手が加わる事で、「噛める入れ歯」に生まれ変わる。そして患者さんの生活が豊かになる。
特にご高齢の方は「食事」に大きな楽しみを持っていますので、その楽しみのレベルを上げる「入れ歯」製作は非常にやりがいを感じます。

また、若くして歯を失ってしまう方もいらっしゃいます。
若い方にとっての入れ歯は「みっともない」「目立つ」という印象をお持ちですが、最近では「目立たない」入れ歯も開発されていますので、そのような入れ歯をご提供し、ストレスのない毎日を過ごしていただく。これも私たちの喜びです。

患者さんのニーズに合わせた入れ歯のラインナップを当院では複数ご用意しています。

それぞれご紹介します。

20代~30代の方も愛用の「審美」入れ歯

ノンスクラブ

金属のバネが見えるのが嫌な方、もっとぴったりと密着した入れ歯を望まれる方、よく入れ歯が壊れて困っている方等にお勧めしているのが右記の金属のバネがない入れ歯(義歯)、ノンクラスプデンチャーです。金属バネ部分を、歯茎に近い色の樹脂で作ることで目立たないようにしています。当院では「エステティックデンチャー」というノンクラスプデンチャーをご提案しています。

  • 治療前
  • 治療後

まるで「自分の歯」のようにしっかり噛める入れ歯

従来までは健康な歯に入れ歯をひっかけるのが主流でした。そのような方法ですと「見た目」が悪いばかりか、入れ歯をひっかけた歯が最終的にはダメになってしまうことが多くありました。

しかし、入れ歯は進化しています。
現在では、インプラントを利用し、「見た目良し」「安定性良し」「健康な歯を傷めない」「まるで自分の歯のように噛める」入れ歯を作ることが可能になっています。
それぞれご紹介します。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。
患者さんが自由に取り外しできるためメンテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要とせず、全身的な負担も少ない治療法です。

「歴史」と「安定性」がある入れ歯

チタン素材を使った入れ歯(金属床)です。
これらの素材の一番の長所は、保険適用の入れ歯と比べて「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じられる」ことです。保険が適用される入れ歯との比較を下記に示します。

1.軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、金属床義歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

2.薄い材料でつくる

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、金属床義歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

  • 保険
    保険の入れ歯
  • 保険外
    保険外の入れ歯

3.食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

温度が伝わる

食べ物の温度を瞬時に伝えることができます。

食べ物の温もり

保険の入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。
このため、金属床義歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

4.他の健康な歯に過度な負担を掛けない

残存歯に優しい

部分入れ歯でも残っている天然歯に
あまり負担をかけません。

残存歯に優しい

保険の入れ歯は「たわみ」がありますので、咀嚼することで入れ歯がたわみ、入れ歯をひっかけている歯に過度な力が加わり、その歯を痛めます。しかし、金属床義歯は「たわみ」がほとんどありませんので、バネをひっかけている歯にも優しいです。

5.自分のアゴの高さにあったミリ単位での調整を行う

合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
金属床義歯の場合には、ミリ単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

無料個別相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

0480-73-0158

医院の住所

〒347-0105 埼玉県加須市騎西31-4

診療時間
09:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30
  • ※休診日:木・日・祝
  • ▲土曜日の午後は17:00まで

目立たない・痛くない・外れない超精密入れ歯(義歯)|馬橋歯科医院|加須市騎西の歯医者。久喜市・行田市・鴻巣市

診療時間
09:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30
  • ※休診日:木・日・祝
  • ▲土曜日の午後は17:00まで
  • メール相談
  • web予約
Copyright MABASHIDENTALCLINIC Co.,Ltd All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る