可能な限り歯を残す歯周病(歯槽膿漏)治療|馬橋歯科医院|加須市騎西の歯医者。久喜市・行田市・鴻巣市

駐車場

0480-73-0158

〒347-0105 埼玉県加須市騎西31-4

  • メール相談
  • web予約
キービジュアル

perio

どうにかして、歯を残したい……
その気持ちに寄り添い、期待に応えます。

担当の衛生士と歯科医師が力を合わせ
可能な限り「痛みがなく」「歯を残す」治療を実現します。

馬橋歯科が実施する、歯周病治療の「4つの特徴」

歯周病は国民の80%がかかっていると言われる国民病であることをご存知でしょうか?
歯周病はかなり進行しないと自覚症状が出ないため、多くの方が歯周病になっていることに気づいていません。

馬橋歯科が実施する、歯周病治療の「4つの特徴」

しかし、歯周病は「サイレントキラー」とも呼ばれ、気づいた時には時すでに遅し、つまり、抜歯の可能性が高まる恐ろしい病気です。

このページを見ているということは、歯肉の腫れ・出血・口臭等、自覚症状が出ている方だと思いますので、進行した歯周病に対して当院が何ができるのかをこれからご紹介します。

特徴1 検査・診断・治療計画立案の徹底

歯周病の進行度合いをチェックする検査

「ちょっとチクッとしますね」と言われて、何やら歯科器具で歯茎を「ツンツン」されたことはありませんか?

これは歯周ポケットを測定(ブローピング)し、歯周病の進行度合いをチェックする検査です。歯周病治療では、まずこの検査をしなければどのような治療をすべきかの戦略が立てられません。

患者さんに「このような経験(ツンツン)はありますか?」と聞くことがあるのですが、「ありません」「1度だけ経験したことがあります」というお返事をよくいただきます。つまり、多くの歯科医院ではこの検査をほとんどやっておらず、やったとしてもたまにやる程度だということが分かります。

検査・診断・治療計画立案の徹底

この検査は歯周病治療では避けて通れない検査であり、かつ、1度だけでなく定期的に行わなければならない検査です。この検査をしないという事は、羅針盤と海図を持たずに航海することと同じで現在どこまで歯周病が進行しているのか、そして、どのような治療をすればいいのかを考えずに治療を進めていることになります。

また、歯周病治療である歯石を除去することを「スケーリング」といいます。
このスケーリングを「麻酔をしながら」治療をうけた経験はありますか?
これもほとんどの患者さまは経験がないと思います。

歯周病が進行すると、骨が溶け、歯と歯茎に隙間ができます。
これが皆さんご存知の歯周ポケットです。歯周病菌はこの歯周ポケットの奥にドンドン入り込んでいきます。つまり、奥に入り込んだ歯周病菌や歯石を除去しなければ根本的な治療はできません。

下のレントゲン画像は歯肉の奥に歯周病菌(歯垢・歯石)が入り込んだ状態の画像と、それを改善した画像です。マークがついている部分を除去しました。

  • 治療前
  • 治療後

この治療をするにはどうしても痛みが生じるため、麻酔を使って治療を行います。歯周病の治療で歯医者に行き、麻酔をされた経験がない場合はこの根本的な治療を行っていないと考えられます。

麻酔をしないで治療できる部分は歯肉の上の部分だけであり、歯周病が進行している場合、いくらそこに付着している歯石を取ったとしてもまったく意味がありません。歯周病が進行しているのは、そのもっと奥の部分なのです……

歯周病

右の画像を見れば今までお話ししたことがご理解いただけると思います。
ラインが入っている部分が歯肉の上と下との分かれ目です。上の部分は綺麗ですが、下の部分に歯石がびっしりついてしまっています。
この部分をしっかり除去しなければ将来的には抜歯の運命が待ち受けています。

長々とお話してしまいましたが、ここで私がお伝えしたいことは、場当たり的で、基本に忠実でない治療は、医療とは呼べないということです。

医療とは、徹底した「検査」「診断」を行い、それらに基づき「治療計画」を策定し治療を進めていかなければなりません。そして基本治療が終了したら、再度、検査を行い検証をし、まだ問題が残っている場合は、次のステップの治療に移行し、問題が改善した場合は、良くなった状態を維持するためのメンテナンスに移行する。この流れが大切になります。

歯周病は生活習慣病とも言われます。
つまり、治療をすることで良くなったとしても、これまでと同じ生活習慣であれば、遅かれ早かれ再発します。

私たちは、関わった患者さんには、生涯健康なお口で生活していただきたいと思っています。
そして、歯周病を再発させないための方法は確立されているのに、関わった患者さんが中長期的に再発してしまう姿も見たくはありません。

特徴2 殺菌効果のある「次亜塩素水:エピオス」を使ったスケーリング

次亜塩素水:エピオス

歯周病治療は、歯垢や歯石を除去する治療がメインとなります。
しかし、歯周病のそもそもの原因は細菌である「歯周病菌」です。
つまり、目に見える範囲の歯垢・歯石だけを除去したとしても、目に見えない細菌まではしっかり除去することはできません

そこで当院では殺菌効果のある「次亜塩素水(エピオス)」を利用しながら目に見える歯垢・歯石の除去と共に、目に見えない歯周病菌までも除菌する治療を行っています。

下の画像が治療前と治療後の「細菌」の状態です。治療の効果がはっきりわかると思います。

  • 治療前
  • 治療後

特徴3 歯科衛生士「プロケア」と、こだわりの「治療器具」

歯科衛生士「担当制」

歯科衛生士「プロケア」

歯科医師と歯科衛生士が密接に連携

当院では、歯科衛生士のプロケアにより、長期的視点で患者さんを徹底サポートいたします。
蓄積したデータや患者さんとの長いお付き合いの中で得た情報や変化をもとに、その患者さんに適した質の高い提案・治療をすることが可能になります。お互いリラックスした状態で診療ができ、コミュニケーションを楽しみながらお口の健康維持につなげることができます。

こだわりの治療器具

こだわりの治療器具

術者が使う道具にもこだわりを持っています。
一般的には1種類のスケーラー(歯石等を除去する道具)で処置を行いますが、当院では複数のスケーラーを使い分けます。使い分けることにより、より確実に、そして歯を傷めずに歯石等を除去できるようになります。また、スケーラーの先端が「丸い」ものを利用しますので処置中の痛みも緩和することができます。

コラム 本当はかなり怖い「歯周病」という病(やまい)
-早めのご来院をお待ちしてます-

あまり知られていない事ですが、歯周病はお口の中だけではなく、全身疾患との関連性もあります
関連性が報告されている代表的なものとして下記があります。

歯周病

「糖尿病との関連」

重度の歯周病の場合、軽度の人に比べ2年後に糖尿病が悪化している率が5倍高くなります。

「心臓病との関連」

歯周病菌の作りだす物質が血液中に流れ動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となります。
健康な人に比べ心臓病発症の危険率が2.8倍といわれています。

「早産・低体重児との関連」

低体重児を出産した母親の方の歯周病が進行していたという報告があります。
また、妊娠中の歯周病をそのままにしておくと早産の確率が高まります。

他にも「ガン」「肺炎」「脳卒中」などとの関連性が指摘されています。

研究が進み、今や歯周病は、お口の中だけの病気ではないというのが専門家の共通認識です。「歯周病=歯を失う」という認識ではなく「歯周病=命にかかわる場合もある」という認識の転換が必要です。

無料個別相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

0480-73-0158

医院の住所

〒347-0105 埼玉県加須市騎西31-4

診療時間
09:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30
  • ※休診日:木・日・祝
  • ▲土曜日の午後は17:00まで

可能な限り歯を残す歯周病(歯槽膿漏)治療|馬橋歯科医院|加須市騎西の歯医者。久喜市・行田市・鴻巣市

診療時間
09:00 ~ 13:00
14:00 ~ 18:30
  • ※休診日:木・日・祝
  • ▲土曜日の午後は17:00まで
  • メール相談
  • web予約
Copyright MABASHIDENTALCLINIC Co.,Ltd All Rights Reserved.

このページの先頭に戻る